日々の生活に役立つカーペット取り扱いの豆知識情報サイト

carpet

カーペットの掃除にはゴム手袋

おうちの掃除をしているときに、時間がかかって面倒なのが、カーペットの掃除です。カーペットにはホコリがたくさんたまっているはずなので、掃除機をかけたり、外ではたいたり、コロコロローラーの粘着テープを使ったりと、いろいろな手段を使ってどの家庭でもお掃除をしていると思います。また、厄介なのがカーペットにどれくらいホコリがたまっているのか、目で見ただけではあまりわからないということです。明るい場所ではたいてホコリが出なくなったように見えても、コロコロをかけてみると髪の毛がたくさん挟まっていてがっかり・・・などといった経験をしたことがある人は、きっと少なくないのではないでしょうか。
カーペットにたまった髪の毛をすっきりとるためには、実はゴム手袋を使うのがおすすめなんです。両手にゴム手袋をはめて、カーペットの上をこするようにすると、ゴム手袋にくっつくようなかたちで、掃除機などでは取りきれなかったホコリや髪の毛がクルクルと表面に出てきます。ホコリがたくさんついてゴム手袋が汚れたら、水洗いをするだけで元通りになって、また髪の毛やホコリがとれるようになりますので、とっても手軽でカンタンです。次のお掃除のときには、ぜひ試してみてください。

カーペットのお手入れテクニック

カーペットを綺麗で清潔に保つテクニックを紹介します。普段は掃除機を使いカーペットもお手入れしている方も多いと思いますが、カーペットのときは吸い込む先端部分を縦と横の方向にゆっくりと十字を描きながら動かし、毛を起こすような感じでかけると毛の中のホコリやゴミを吸いだしやすくなります。毛の流れとは逆の方向を意識して優しく掃除機をかけると効果的です。
さらに掃除機で取れない毛の奥にあるホコリやゴミまで取って綺麗にしたい方は「乾いたたわし」を使うと効果的です。優しくカーペットからかき出す感じで全体をこすり、終わったら仕上げに掃除機をかけて吸い取るといった、掃除機をかける前のさらに効果を上げる一手間テクニックです。あと「ゴム手袋」にもたわしと同じぐらいの効果があり、しかも手袋が使えなくなったらそのまま捨てられるのでとても便利です。あとカーペットのお手入れに便利な道具の「コロコロ」がありますが、強い粘着力でカーペットを痛めてしまうのであまりおすすめは出来ません。
掃除機などで取れるホコリなどの話でしたが、次は難敵のシミの場合です。まず油性なのか水性なのかをよく見分けて、洗剤や油性汚れに効果的なベンゼンなどを使う場合は逆に汚れを広げる原因になってしまうので、ポイントとしては洗剤は水で薄めてベンゼンを少量を使い汚れを広げないように優しく取るとカーペットを痛めずにお手入れができます。

カーペットの洗濯方法について

おそらく多くの家庭では、カーペットを敷いていると思いますが、例えば、コーヒーなどの飲み物をこぼしたり、ペットを飼ってる場合は糞や尿をしたりとカーペットが汚れた場合はどうしますか。処分して、新しいのを購入したり、クリーニングに出したり、少し拭いてそのまま使ったりと様々と思いますが、自宅で洗濯できれば、便利ではないでしょうか。今回は自宅でできるカーペットの洗濯法について紹介していきたいと思います。
まずは、素材を確認してください。確認方法はタグを見ることや水に濡らしたティッシュなどでカーペットの目立たない場所をトントンと叩いてみて色がつくかどうかです。色落ちしなければ、掃除機などで埃を取り除きます。まず、洗濯機に洗う場合は、洗濯機に入れ るのですが、カーペットをネットに入れてください。入れてなければ洗濯槽とカーペットがこすれて、ボロボロになってしまいます。洗濯機で洗えれば、これで干すだけで完了です。
もし、洗濯機に入らない場合は、おふろ場などで踏み洗いしましょう。これでも手間ですが汚れは十分落ちていきます。汚れが落ちている目安はお風呂の中の水が踏み洗いを続けて濁らないことです。そうすれば、干したら終わりです。こちらに書いたように、カーペットは自宅で洗濯することも可能であるので、もし汚れたらやってみてください。